昏夢のなかで

1 2 3

いたがゆい

2017.08.17

左手中指の第一と第二関節のあいだをブヨにさされていたがゆい。熱をもってはれている。もし同時に100匹のブヨにさされたら生き延びることなんかできないだろうと思うくらい苦痛だ。さて夏休みも終わり今日から仕事。帰省中の息子も昨日函館にもどってしまいなんだかさびしい。受験生の息子が家にいるあいだはとにかく妻の手料理がはんぱなく手の込んだものになった。このボクもご相伴にあずかることが出来たので少しばかり肥えてしまったかもしれない。今日から全てが日常になる。すずしくなればまたナコミも寄りついてくる。

相性の良いゴルフ場で

2017.08.07

ゴルフのレベルは着実に上がってきていると思う。しかしそれがスコアに結び付かない。そんな日々が6月から続いていた。練習はきっちりしている。2年前にベストスコアを出した時から比べれば経験もそれなりに積んできているはず。シャンク病など様々なゴルフ固有の病にも侵されてきたがなんとか克服してきた。間違った方向に進んでいるわけでもないと思うが、つい先日も100近い大たたきをした。さすがに惨めな気持になり、少しゴルフから遠ざかろうかと本気で考えた。このときはまだ近い将来おこることなど想像だにできずに昏夢の中をさまよっていた。

とあるコンペ。場所はフォレスト旭川カントリークラブ。ここは2年前に生涯ベスト76をたたきだしたゴルフ場である。旭川近郊では料金が高いほうなのでめったにいくことはない。駐車場にはレクサスや高級外車がズラリと並んでいた。349ヤードの1番ホール。ティーショットはボールの落ち所が良かったみたいで300近いビックドライブ。2打目のアプローチもいいとこにつけて、幸先の良いバーディ発進。その後ドライバーの安定性を欠いていたものの4番でこの日2つ目のバーディを取り、前半を39で折り返した。7月初旬に旭川国際CCで前半39を出しながら後半はまさかの50たたきをして沈没したことがある。その時のことが頭をよぎったが出だしの10番はパーで発進。その後1つ落として迎えた13番。158ヤード、やや打ちおろしのショートホール。ピンが奥だったので7番アイアンで打った。会心の当たりではなかったが最近のクラブは芯を外してもしっかりと飛んでくれる。自分では確認できなかったが「ナイスオン」と同伴者の声が聞こえた。グリーンに向かうとオンしているボールは2つ。一つはバーディチャンスにつけている。「近い方が自分だったらいいな」と思いながら自分のボールを確認に行く。ところがオンしているボールは2つとも自分のではない。もしかしたらショートしているのかと思いグリーン手前を探してみたが見当たらない。同伴者の一人がカップインしているのではないかというので「まさかぁ」と言いながらカップに近づいて上から覗き込んだ。信じられなかった。なんとそこには1つのボールが入っていたのだ。スリクソンZ-STAR XVは確かにボクが愛用しているボールである。拾い上げて少ししてから同伴者とキャディさんから「おめでとうございます」の声がかかった。興奮のためかスコアカードに1と書く手は少し震えた。

ボクはこれまで同伴者のホールインワンを2度見ている。2人ともその後大くずれしたのをハッキリと覚えているのでここはなんとか粘らねばと思った。なんせ今年初の70台がかかっているし、ベスト更新の可能性だってあるのだから。

相変わらずドライバーは乱れ気味であったが14番から16番までは3連続パーでなんとかしのいだ。17番で一つ落としたが70台のスコアはほぼ確実として池のある名物ホール?最終18番へ向かった。このホールでパーをとれば後半はパープレイの36で前半の39と合わせて75ということになり生涯ベスト更新である。テイーショットはドライバーだと池に入るリスクが高いので22度のユーティリティを選択した。ところがこれはミスショットとなり2打目の距離をかなり残してしまった。こんなことならドライバーで打っとけばよかったと思っても後の祭りである。ピンまで230ヤード。パーを取るのは厳しい状況だ。風がフォローだったので5番ウッドで悔いのないよう振りぬいた。ほぼ芯を食った打球はグリーン右奥に少しだけこぼれた。「まだチャンスはある」と自分に言い聞かせたがサンドを使っての寄せは落とし所が悪く3メートルも残してしまった。明らかにミスである。生涯ベストがかかったしびれるパッテイング。しかしながら70台を確実にしていたのでそれほどプレッシャーはかからなかった。強めに打ったボールは予想したライン上を転がりカップにすいこまれた。

ホールインワン達成と自己ベスト更新。ゴルフ人生最良の日だった。ゴルフ保険にも入っていたのでその日のうちに祝いの宴も開催させていただいた。後日ゴルフ場からビール半年分が送られてくるそう。もうゴルフではこれ以上のことはないだろうな。というわけでそろそろ次の遊びを探すとしよう。あぁ面白かった(笑)

 

 

なこい恋人

2017.08.03

なこみ なっち なっちゃん おにゃんこ おにゃんこくらぶ おねーちゃん

なっちゃま ねねちゃん これ全部なこの呼び名。

あまりにかわいいのでこうなってしまう。

1 2 3