昏夢のなかで

五感

2018.03.29

視覚 聴覚 嗅覚 味覚 触覚。 これら人間の持つ感覚を5つに分類したのはアリストテレスだと言われている。いまから2000年も前の話だ。よく言われる第6感のようなものや、例えば人間が傾きなどを感じ取る感覚はこの5つのどこにも属さない感覚であるがそれは確かに存在する。現在では五感以外の感覚というのは30くらいあるのではないかという説もあれば、そもそも数を数えること自体が無意味なことであるという説もあってなかなか難しい世界である。それはさておき、久しぶりに飲食店の設計依頼を受けてこのほどお引き渡しが終了した。旭川市サンロクのパリ街にその名も「五感」という名のてんぷら屋さんが4/1にオープンする。目の前でてんぷらを揚げるスタイルのお店は旭川にはこれまであまりなかったように思う。美味しい料理とお酒、そして空間を楽しんでいただきたい。五感が研ぎ澄まされた大人な皆さんにゆっくり「名店」へと育て上げていただきたいお店です。

さて、今年は住宅以外の仕事のヴォリュームが結構ある。「五感」とほぼ同時進行でクリエーター達のためのコワーキングスペースを設計施工していてこちらも間もなくお引き渡しとなる。それと秋ごろには「ブンカフェー」の新店舗も着工予定。