昏夢のなかで

伯母を連れて

2019.03.29

間もなく90才になる伯母を連れてお茶をしてきました。場所はリクエストがあった浜離宮恩賜庭園。

好奇心旺盛な伯母は園内の説明をきっちり読んでました。将軍の鷹狩り場だった浜離宮。鴨をとるためにアヒルを囮に使っていた様子などの詳細が説明されていました。

泊まりはおよそ10年ぶりの汐留はコンラッド東京。伯母のために浜離宮ビューの部屋を予約しました。こちらはシティービューの3~4割増しのチャージです。伯母の部屋からは庭園、隅田川、レインボーブリッジへ続く素晴らしい景色を望むことができました。

本当に伯母には子供のころからお世話になり、そしてかわいがってもらいました。伯母の家は裕福で伯母自身の面倒見の良さもあって親戚みんなが拠り所としていて、常に様々な来客がありました。その中には借金の相談や保証人のお願いなども多数あったようです。母によると伯母はこれまで他人には色々と尽くしてきたが本人が何かをされたことあまりないそうで、招待されることに慣れていないはずだと言っていたとおり、予め仕込んであったささやかなサプライズにもえらく感動してもらいました。少しは恩返しできたかなと自己満足に浸っていたら、合流した息子が多額のお小遣いをもらっていたことが発覚。結局そういう人なんですよね。恩返しってなかなか難しい。