昏夢のなかで

1 2 3 4 5 6 7 19

老舗焼鳥屋で

2019.07.18

都会から友人が仕事で旭川にやってに来たので、その夜飲むことになった。老舗の焼鳥屋を予約して楽しく飲んでいた。お会計の時に「ここは俺が出す」というので甘えることにした。と、ここまでは良かったのだが友人がお店のおばさんに領収書を求めたときに「カラでいいかい?」と尋ねられたので「すみませんが書いてもらえますか」と答えた。そうしたらそのおばさんがこれでもかというくらいに目の前でめんどくさそうな顔をした。難しい社名でもない。特別店が混み合っていたわけでもないのだが・・・・・。でも友人は日本酒をだいぶ飲んでいたので、幸いにもおばさんのこの比類なき悪態に気が付いてない可能性もあるかなと考えた。お店を出た後に一縷の望みを託しながら恐る恐る「すまんな。旭川はこんなかんじで」と軽く詫びてみると「いや、別に気にしてないよ」と答えが返ってきた。そりゃそうだ。いくら酔っていても目の前で般若よりおっかない顔されたのだから。

「もう二度といかないっ」なんて狭量なことは言わないけど、旭川のためにももう少しよそ者や観光客にやさしくしてくれないかな。

ほっこり

2019.07.04

国道40号線を車で南下していたら、反対車線前方になんだか動く物体を発見。大きさは小型犬かネコくらいに見えるがそれにしても動きがずいぶんと遅い。もう少し近付くとそれが尾っぽの長い鳥であることがわかった。「こんなところにキジかっ」珍しいなと思ったのもつかの間。さらに接近するとそれはなんと親カモとカモの赤ちゃんたち。尾っぽに見えていた部分はまだとても小さい数羽のカモの赤ちゃんだったのだ。あのあと無事に渡りきってくれたとは思うけどほっこりしたなぁ~。

鼻濁音

2019.06.25

あいみょんに初ロマンス?歌は好きだけどそこにはオジサンは興味なしです。(笑)
事務所で仕事をしているとFMがかかっているのでいろんな曲聴きますね。あいみょんのハルノヒはイイ曲でした。でもちょっと気になる部分が・・・・。歌詞の中で どんなぁ~ねがいがぁ~ という部分があるのですがこの歌詞の「が」の部分が鼻濁音ではなく無茶苦茶強い「が」なんですよ。ロックならいざ知らず、最近の歌は鼻濁音とか関係ないのかな?てか鼻濁音なんてのはもう教えてないのかも。まぁたいしたことではないんですがオジサンがなんでこだわるかというと中学1年の時に国語の時間に朗読をしていて鼻濁音をちゃんと発声しなかったので先生にガッツリ怒られたことがあるんですよ。あの先生おっかなかったなぁ。懐かしい想い出「が」蘇るのでした。

1 2 3 4 5 6 7 19