昏夢のなかで

1 2 3 4 5 6

センスで昼食

2018.04.04

息子の入学式に出席するために上京した。1番の楽しみはもちろん入学式に出ることではなくマンダリンオリエンタルホテル東京37階の「センス」で中華料理をたべること。(笑)

このホテルは日本橋にそびえ立つ。日本銀行の屋上にある円マークを見降ろす、いや円を見下すことのできる禁断のロケーションを備えたホテルとでも表現した方が良いだろうか。周りの高層ビルと「コンニチハ」することなくスカイツリーもきれいに見える。センスはラグジュアリーホテル内の中華だから夜はむちゃくちゃ高いのでお昼時に訪問。やっぱり円は見下せないのだった。(笑) 飲茶メニューは約20種類が食べ放題になっている。最初は新調したスーツがはち切れてもいいから全種類制覇したろかと思ったが年のせいか意外に食べれなくてワロタW。

お味の方は確かに美味しいけど景色代が半分くらいしめるかな。高いとこが好きな人にはオススメです。

五感

2018.03.29

視覚 聴覚 嗅覚 味覚 触覚。 これら人間の持つ感覚を5つに分類したのはアリストテレスだと言われている。いまから2000年も前の話だ。よく言われる第6感のようなものや、例えば人間が傾きなどを感じ取る感覚はこの5つのどこにも属さない感覚であるがそれは確かに存在する。現在では五感以外の感覚というのは30くらいあるのではないかという説もあれば、そもそも数を数えること自体が無意味なことであるという説もあってなかなか難しい世界である。それはさておき、久しぶりに飲食店の設計依頼を受けてこのほどお引き渡しが終了した。旭川市サンロクのパリ街にその名も「五感」という名のてんぷら屋さんが4/1にオープンする。目の前でてんぷらを揚げるスタイルのお店は旭川にはこれまであまりなかったように思う。美味しい料理とお酒、そして空間を楽しんでいただきたい。五感が研ぎ澄まされた大人な皆さんにゆっくり「名店」へと育て上げていただきたいお店です。

さて、今年は住宅以外の仕事のヴォリュームが結構ある。「五感」とほぼ同時進行でクリエーター達のためのコワーキングスペースを設計施工していてこちらも間もなくお引き渡しとなる。それと秋ごろには「ブンカフェー」の新店舗も着工予定。

チャップリン

2018.03.14

サンロクの串鳥の横くらいにレストランバー「チャップリン」というお店がある。ボクはここの常連である。この店の魅力はなんといってもマスターの笑い声だろう。夏は店のドアが開いていると昭和通りまでマスターの笑い声が漏れ聞こえてきて、寄り道しないでまっすぐ帰ろうと思っても笑い声についつい引き寄せられてしまう。そんな○○ホイホイのような店である。ボクは一人で行くことが多いのだが以前はお店のカウンターがたったの4席しかなかった。なので2Fにある店舗を下からのぞいてカウンターが満席だとマスターの楽しそうな笑い声がどんなに響きわたっていてもそこで入店をあきらめていた。他のお客も同じ経験をしているはず。これはお店にとっても大きな損失であると考え、ボクはマスターにボックス席を一つつぶしてでもカウンターを長くすることを提言した。そして3/1からカウンターの収容人数がこれまでの3倍程度になりリニュアルオープンを果たすこととなった。
老若男女一人でも楽しめるお店です。興味本位でマスターの笑い声を一度でも聞いてみたい方は是非。マスターの笑い声で笑えます。そしてマスターがまた笑う。あなたはこの笑いの連鎖をとめることが出来るだろうか。(笑)

1 2 3 4 5 6