昏夢のなかで

1 2 3 4 5 6 7 8 9

Japanese Soba Noodles 蔦

2018.05.09

交通飯店にやられてしまった翌日、朝6時から巣鴨の「蔦」に並んだ。まずは整理券をもらうために。7時から整理券配布ということで1時間前にお店に到着。すでに8人ほどが並んでいた。

整理券をゲットするために1000円のデポジットを払った。一旦滞在先に戻り、そして11:00~11:30までに来てくれと言うので滞在先から巣鴨にもどってまた並ぶ。「ラーメン1杯食べるのにどんだけハードルが高いんだ」って思うよね。まぁ超有名店だからしかたないか。お店の入るとスタッフがみんなイケメン。顔面偏差値65以上。というかムチャクチャ雰囲気がある。マッキンゼーでも辞めて起業してるの?みたいな感じ。(笑)

いろいろトッピングした1500円のラーメン。これまで食べてきたラーメンの中で間違いなく最高額だろう。でもここまで並ばされるとラーメン一杯が2500円だろうが3500円だろうがもはや値段なんて関係なし。しかしながら撃沈。まったく口にあわない。そもそもトリュフが好きじゃないんだからこうなることも想定内ではあったが・・・・・。

並んでる人の8割は外国人だった。もっと値上げして外貨獲得のために頑張ってほしいと願う。20ドルくらいとってもいいんじゃないかな。ってことで前日に続いて2連敗。

交通飯店

2018.05.09

三度の飯よりチャーハンが好きってまったくもって意味不明。どんな高級中華のコースでも最後のチャーハンが美味いとそれまでのすべては一瞬にして前座と化す。血糖値が急上昇し血管がズタボロになろうともとにかくチャーハンが好き。脂と糖質。なんとでぶったらしく素敵な料理なんだろう。

東京B級グルメツアーにいってきました。有楽町の交通会館の地下にある交通飯店。この店はチャーハンで有名。

40分並んで入店。しかし口にあわなかった。

モザイク

2018.04.16

土曜の夜、妻も飲み会でいなかったので一人ふらふらとサンロクにあるなじみの飲食店を訪れた。「すいません。予約してないんですけどはいれますか?」店がどんなに空いていてもこれがご挨拶。ところがこの日はマスターから「ごめん荒井君。今日満席なんだわ。」との返事がかえってきた。「冗談でしょ」っておもわず失礼すぎる一言を発してしまうわけなのだが、それくらいここは予約なしでも一人なら確実に入れるお店なのである。(これも大変失礼)

行き場を失った空腹のボクはパリ街にある「てんぷら五感」へと向かった。オープンしたばかりだし、最初はあまり宣伝もしないと聞いていたので一人なら入れるかなと思った。階段を上がっていくと店内の賑わいがドアの外に漏れてきている。ちょっと中をのぞいてみると完全に満席だった。

上の写真は「五感」のカウンター。バックはモザイクタイル。ボクとスタッフ2名で仕上げたのだが使用したモザイクの数は10000ピースを超えた。構想から納品まで何日もかかったが外注してしまうとかなりのコスト増に見舞われたはずなので製作の自由度が増したことなども考えると、手仕事の痕跡が多少荒っぽく残る仕上がりにも満足はしている。

いつも感じることだが飲食店の最高のインテリアは何と言っても「人」なのだろう。満席で賑わう店内の活気はどんなデザインをも越えていくし、自分が飲食店で楽しんだ記憶をたどると例外なくそこには風景や食欲をそそる匂いとともに賑わいの中心をなしている「人」の存在があるように思う。

そうは言ってもいつも確実に入れるすいてるお店もボクにとっては大事なんですけどね。(笑)

1 2 3 4 5 6 7 8 9