昏夢のなかで

1 2 3 4 5 6 7 8 15

市内謎のソバ屋で

2019.02.07

打ち合わせが終了したのがちょうどお昼少し前だったので、その近くにあるソバ屋さんに入りました。だいぶ昔に入ったことがある気がするのですが細かいことは何も覚えておりません。昼時というのにお客は自分一人。この時点ですべてを察して一番安いシンプルなそばを頼めばいいものをボクが注文したのはエビてんぷらそば。メニューで確か一番高額だったはず。なんかこう失恋したときに悲しい音楽ガンガン聴いてもっとみじめになって大泣きしてやるっ!みたいな若かりし頃ならだれしも経験のあるような行動(ちょっと違うか?)を五〇を超えたおっさんがガラスキのソバ屋でとってしまったのです。(笑)

他にお客がいないにもかかわらずそばが出てくるまで二〇分以上かかったでしょうか。察するにお湯も油も準備が整ってなかったのでしょうね。これは旭川近郊の町村でもまったくはやっていないソバ屋ではアルアルなことなので別に驚きもしないし腹も立ちません。そばを待ちながら色々と考えます。今日のお客は自分ひとりなのだろうか?売上九〇〇円程度で二人の従業員が食ってくことはできますまい。さてはぶっとい不動産収入でもあってこのソバ屋は趣味でやっているものなのか?あるいは親から膨大な遺産とともにこのソバ屋を引き継いで税金対策でこの店をやっているのではないか?形式だけの営業を維持するために味をコントロールして、できるだけ客が入らないようにしているもののアホな客が一人入ってきて厨房の向こう側では店主がくわえたばこしながらにがにがしい顔でそばをつくっているのではないか?と想像はつきないわけです。

えび天そばがついにきました。ビジュアルはお世辞にも食欲をそそるものではありませんでした。いやしかし見た目がすべてではありません。まずはエビ天から。食感はまさにかりんとうです。てんぷら堅揚げ選手権なる大会がもしあったとしたなら間違いなく優勝したでありましょう。でもね、日本人は日ごろからもっとこのような堅いものを食べるべきなんです。つぎにそばです。歯ごたえ、のどごし、共にどのお店とも比較困難。唯一無二天上天下唯我独尊ガラパゴス。もし例えるなら失礼な表現ではありますが、のびた緑のたぬきというのがしっくりくるでしょうか。つゆですが今どきイベントでも出てこないキングオブ業務用のような味です。つまり無茶苦茶なまでに万人受けするという意味です。そうこうしているうちに一人の男性客が入ってきました。ボクはこの客が通りがかりなのかそれとも常連さんなのか注視することにしました。なれた感じだったので常連と推察しました。常連様はこの店でいったい何を注文するのか?非常に非常に気になるところであります。そして彼が注文したものに衝撃を受けました。なんと彼はラーメンを注文したのです。確かにメニューにラーメンがあります。ここは本当はラーメン屋なのだろうか?ボクは一見ソバ屋のような外観と店名をもつこのラーメン屋でウッカリそばを注文してしまった愚か者なのだろうか? 
この続きはいつの日かまた。(笑)

けっこう高い

2019.01.31

嵐の活動休止宣言のマスコミの取り上げ方がすごくてびっくりしました。ボクは嵐のメンバー全員の名字はわかるけどフルネームはわからないし、聴いたことがある曲はあるけどカラオケで歌ったこともありません。年代的なものなのかと思っていたら、ファンと称するマダムとかがけっこう年配だったりで、自分が知らないだけでやはり国民的アイドルだったのかなぁと一瞬思うわけですがまぁ良くわかりません。

昨年末にマスコミ関係の会社にに勤めている友人と飲んだ時に「マスコミのオリンピックの取り上げ方がうざいんだけど。業界にとっては大きなイベントかもしれないけど一般の国民はそこまで関心ないと思うんだけどな」みたいな話をしたらその友人は「やっぱり そう思う?だけどオリンピックまでは儲けさしてや」だって。そう言われたら「いやぁガンガン儲けてやっ よし今夜はとことん飲むぞ~」って言うしかないっしょ。(笑)

今朝ニュースを見ていたらオリンピックの観戦チケットの価格がけっこう高いことを知りました。もともとはオリンピックもアマチュアスポーツの祭典だったのにアスリートがプロ化していることなんかも影響しているのかな。まぁ見に行くこともないから関係ないんですけどね。

2019始動

2019.01.10

皆様、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。長い冬休みをいただいておりましたが本日より始動いたします。 今年は着工中の工事が住宅4軒、店舗1件、春から着工予定のプロジェクトも既に数件予定があって忙しい1年になりそうです。今年は消費税が10パーセントになる予定です。増税後も所得税の控除が手厚くなるなど様々な措置もありそうなのであわてて住宅を建てるよりもじっくり進めたほうがいいのではないかというのがボクの考えです。

さて、昨年の大みそかは家族で有楽町にあるザ・ペニンシュラ東京2Fのヘイフンテラスで中華ディナーとなりました。2018年最大の贅沢です。(笑) インテリアは中国庭園をイメージしたようなデザインでいたるところに古材が使用されていました。ぱっと見本物の古材かエイジングされたものか判別はつきませんが細かいところまでお金がかかってるなぁという感じです。席のほうは晴海通りに面した個室を用意してもらいました。満席のホールの喧騒から隔離されていて静かに食事をすることが可能です。料理にも期待したのですが結果からいうと美味しい料理もあるが不味い料理もあって均せばフツーだなって感じです。田舎もんには理解できないだけかもしれませんが・・・・。でも支払った金額は我が家の中ではフツーではなかったのでやはりここはランチで一回試しておくべきでしたね。でもまぁちょっとしたハプニングなんかもあって良い想い出にはなりました。また今年も仕事、グルメ、バカバカしい話にお付き合いください。読者の皆様の1年が素晴らしいものになりますように。

1 2 3 4 5 6 7 8 15