昏夢のなかで

1 2 3 4 5 6 7 8 9 19

この1冊

2019.05.08

GW10連休は正直「勘弁してくださいよぉ」的な気持ちになった。雪が解けて日も長くなり、さあこれからという時だけに。でもマスコミは大騒ぎしているし、改元のお祝いムードも重なったりして世の中完全なお休みモード。そんな中、出社して仕事をしている弊社のスタッフは大手の社員と自分を比べてみじめな思いをしているのだろうか?確かめてはいない。工務店で10連休できる人たちはよっぽど仕事がないか、よっぽど儲かっているかそのどちらかだろう。幸か不幸かウチはそのどちらでもない。スタッフには違うかたちで日々の努力を報いてあげたいと思う。

GW前半は仕事をしてボクは後半に4連休した。小樽に半日帰っただけで特にどこにも行かなかったが新聞の書評で「完全版 宗教なき時代を生きるために オウム事件と生きる意味」森岡正博著が目にとまった。今すぐ読みたい。ネットで在庫を確認すると旭川のコーチャンフォーには在庫があることになっている。北海道ではマイナーな新聞の書評ではあるが同じ考えを持っている人がいるかもしれないと書店へ急いだ。幸運にも1冊だけ在庫があった。リビングで読んでいると妻がむやみやたらに話しかけてきて読書を妨害してくる。話はすぐ終わると思い本から目を離さずにいるが話は延々と続く。そのために良く理解しないままにページだけが進むという状況に陥ってしまう。何故だ?ボクは妻が本を読んでいるときには決して邪魔しないのに。そういえばお客様に中ででどんなに小さくてもいいから書斎がほしいという人は結構な確率で存在する。それはこういう理由なのかな。我が家には書斎がないので今は使われていない息子の部屋に避難して引き込まれるように一気に読んだ。
宗教の話なんかは家族や仲の良い友達ともなかなかできるものではない。ボク自身無宗教であるが信仰がないわけではない。そんな特異?な考え方の自分の前に話しが合って、尊敬できる頭の良い先輩が現れたような読後感だった。万人受けする内容ではないので買ってまで読むことをお薦めはしない。しかし、オウム幹部の死刑が執行された今、何故あのようなことが起こったのか一つの答えにたどりつけるはずだ。そしてそれは世界各地で発生する無差別テロが起こる理由ともつながっていると思う。読書は旅をすることと同じだという人がいる。自分もそう考える一人。とても良い旅だった。

改造中

2019.05.07

おととしボクのゴルフ人生はピークを迎えました。自慢話は割愛させていただきます。(笑)その後急激に下降線をたどりだし、昨年は調子が悪い→面白くなくなる→やらなくなるという魔のスパイラルにはまってラウンド数はたったの11回。昨年最後は12月に神奈川のゴルフ場で東京在住の友人たちとのラウンドでした。みんな誰もが知る大企業のサラリーマン。こちとら誰も知らない零細企業の社長ですがゴルフだけは負けるわけにはいきません。お互い近況を報告しながらの楽しいゴルフでしたがスコアに関してはガチですよ。(笑)まぁなんとかなりましたが彼らも今後余裕が出てきてラウンド数が増えればすぐに抜かされることでしょう。

で改造中というのはゴルフスイングの話。ドライバーはもともとスライスするくせがあります。それを嫌がってつかまえようとすると左にもひっかけがでるので調子が悪いと右にも左にも行くので同伴者にも迷惑がかかるしスコアもまとまりません。そこで、いままで開閉していたフェイスを閉じたままバックスイングするようにしてみました。デビット・レッドベターのAスイング理論からヒントを得たのです。Aスイングではトップでシャフトクロスとなりますがさすがにそこまでは取り入れることができなかったのでトップでシャフトはレイドオフ気味となります。しかし、こうするだけでもインパクトの瞬間にフェースが開かなくなりスライスが減りました。ヘッドを開閉しないと飛距離をロスするようですがスライスするよりはずっとましです。もうひとつの改造中の部分は切り返しで下半身主導を意識するということです。基本中の基本なのですが、どうしても飛ばしたい場面では手打ちぎみになってしまって結果、ひっかけが多発することにもなっていたようです。以前はできていた部分もいつのまにか少しずつ狂ってきたみたいです。初ラウンドの予定はまだありませんが今年はスイング改造をある程度のレベルにして良いスコア出したいです。

25年ぶりに

2019.04.26

約25年ぶりにシンガポールに行ってきました。目的はあの「有名なプール」でバタフライを決めるためです。(笑)四半世紀前は街中が足場だらけで発展途上の国といったイメージだったのですが見違えるような変貌を遂げていました。

シンガポールというと「自由貿易」という言葉からなんとなくゆる~い国を想像してしまいますが実質は「独裁国家」です。言論の自由は100パーセント保障されるわけでもなく、徴兵制度もあります。もちろん街を歩いていてここが独裁国家であると意識する場面はまずありません。地下鉄はきれいで東京のように混んでいないし、くたっとしたサラリーマンみたいな人も見かけませんでした。道を尋ねても現地の人はとても親切です。大卒の初任給も日本の1.5倍程度とのこと。独裁者のトップダウンで見事に、そして急激に発展をとげたシンガポール。多民族国家でありながらも民族間の紛争はないそう。現地のガイドさんがその理由をこう述べていました。「当局が事前にそのような情報を得ると徹底的につぶしにかかるから」だそうです。多少物騒な言い回しではあります。やはりここは明るい北朝鮮なのか?でも街は紛争も事件もないから警察官の姿さえ見ることもないくらい平和そのものでした。

自由ではあるが大事なことがなかなか決まらない日本と独裁国家だけどハンパないスピードで進化するシンガポールどっちがいい?

でもシンガポールも観光客が行かないような場所に潜入してみるとものすごい貧富の差を感じるし、当たり前のことだけど親切な人ばかりではありません。国民の幸福度も日本よりましではあるけどそれほど高くないという調査もあります。ただ、物事が変わっていくスピード感は羨ましく感じる部分です。日本の25年先を考えたときに、何が変わっているのかボクには想像することができません。就職活動の大学生は真っ黒いスーツ着て結果に一喜一憂するだろうし、建築の世界でいえば飲食店の「ウエスタンドア」なんかも依然として必要なんだろうな。(笑)まぁ2国を比較してみると徴兵制度がないってことで生まれ変わったらどっちの国?みたいな2択なら間違いなく日本を選びますよ。

で、冒頭のバタフライの話です。ボクのへたくそなバタフライはあまり進まない割に水しぶきと波がひどいんです。なので人がプールにいないときにと思い、まだ暗い早朝に決行しようとオープンと同時にいったのですがそれでも十数の人が既に泳いでました。そこに幸運にもスコールがやってきて、そのままだとプールサイドに置いてある服などが濡れてしまうので一瞬ですがプールが無人となる時間がありました。かくして目的は無事に達成することができました。誰にも迷惑かけずにね。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 19