昏夢のなかで

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 16

今年も有難うございました。

2018.12.26

先週の土曜日、取引業者Kさんの息子さんの結婚式で僭越ながら乾杯の音頭をとらせていただきました。宴会等での乾杯はこれまで数知れず。しかし、結婚式での乾杯は人生初めてでしたので家で何度も何度も繰り返し練習して本番に臨んだんですが・・・・・。

結婚式の2~3日前に弊社事務所に、新郎のお父さんであるKさんが打ち合わせで来ました。そろそろ乾杯のあいさつを考えなければならないと思っていた矢先だったので「ちょうどいいとこに来たわ。お嫁さんの名前なんだったっけ?」と尋ねました。「ユウコです」と答えが返ってきました。新郎がユウジ 新婦がユウコ ユウとユウでこれは覚えやすいので間違えることはないだろうと思いました。

結婚式当日、会場に入ると他のご来賓のあいさつとかもほとんどきかないで、自分の世界に入り、心の中で自分の挨拶の内容をリピートしました。乾杯のあいさつは短くするのが鉄則ということで、結婚生活で大切な「4つの袋の話」は時間の関係上できません。ユウジ君、ユウコさんへのメッセージはブログに書いたのでそちらをあとで見てくださいという内容の挨拶をする予定でした。ちなみにそのメッセージが前回の記事です。ところがここでハプニング。挨拶の直前に式次第をよく見ると新婦の名前がなんとユウコさんではなく、クルミさんになっているではありませんか。

「そしたらユウコって誰やねん?」

すぐにわかりましたよ。ボクがKさんに事務所で名前を尋ねたときに自分の嫁さんの名前を言ったんだって。ユウコって聞いたときになんだかボクラ世代の名前だなって思ったんですよ。その時にKさんに「若い娘なのに古くせぇ名前ですな」なんて冗談でも言っとけば展開は変わったかもしれません。まぁ何を言おうがちゃんと招待状をいただいているわけですから事前にしっかり確認しない自分が悪いんです。そのあと練習でユウコ、ユウコって新郎の母親の名前を連呼しながら何度も練習していた自分の姿を思い出すと会場で独り笑いが止まらなくなってしまったんです。そしてブログにもユウコちゃんおめでとうと書いてすでにアップしてしまってることも独り笑いに拍車をかけるわけです。

ダメだ笑いが止まらん。

そんな状態の中、ついに自分の乾杯のあいさつのときが来ました。この面白いネタを放り込まないわけにはいきません。考えた挨拶から逸脱してアドリブでやっちゃいました。もうしっちゃかめっちゃかですよ。(笑)

なんでも思った通りにはいかないもんですね。人生何が起こるか分からない。そしてそんな人生を選択しているのは紛れもなく自分自身なのではないかと・・・・・。そんなことを思う1年でした。

今年もお付き合いいただきましてありがとうございました。また来年もよろしくお願いいたします。

ご結婚おめでとうございます。

2018.12.22

ユウジ君 ユウコちゃん ご結婚おめでとうございます。

ユウジ君の仕事ぶりをこの世界に入ってきた新人のころからずっと見てきました。普通、親と一緒に仕事をすると何かとぶつかり合うことが多いのに(私の場合は本当にひどかったです。笑) 君は本当に素直になんでも吸収していく姿勢がありました。だから仕事の覚えも良かったのかな。今年の秋に久しぶりに一緒に現場で仕事をする機会がありました。こちらからそんなに指示も出していないのに次から次へと先を読んで、流れるように作業を進めていく姿が誰かに似ているなと・・・・・。そう、若かりし頃の君のお父さんと完全に重なって、そんな姿にちょっとだけ胸が熱くなりました。。

ユウコちゃん、ユウジ君は素晴らしい職人になりました。仕事のことは心配しなくても大丈夫だと思いますよ。でも男は仕事だけしていればよいというものではありません。家庭人としてどうかということも大切です。そして家庭には笑いが必要です。家族を笑わせることって=愛だとボクは思っているんですよね。聞くところによるとユウジ君はカラオケが大好きだとか。米津玄師のモノマネでもして明るく笑いの絶えない家庭を築いてください。人前で話すことが苦手なのでこんなカタチになってしまったことをお許しください。二人がハッピーになることを祈ってます。

平成30年間

2018.12.10

平成30年間において、北海道に住む者を最も感動させたこと第一位は、2004年の駒大苫小牧の甲子園初優勝。第二位は2005年の駒大苫小牧連覇、第3位は2006年マー君とハンカチ王子の引き分け再試合 準優勝ではないだろうか?

「勝ちすぎた監督」という本を読んでいる。当時駒大苫小牧の監督だった香田さんのお話である。あれだけの偉業を成し遂げた監督が表舞台から遠ざかってしまったような印象を受けている道民も多いのではないか。なぜなんだろう?自分もそんな疑問を持つ一人だった。500ページを超える分厚い文庫本だが昨日は夢中になって一気に半分まで読み進み、あまりのおもしろさに残りの半分読むのがもったいないという状態になっている。興味のある方は是非!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 16