理念

私たちの原点は1930年頃起業された、はっか用銅製脱水機を制作する町工場にあります。以来、少しずつカタチを変えながらも80年間の長きにわたり職人の視点で愚鈍に「モノ造り」の道を歩んできました。私たちは設計から施行、監理業務に至るまで一貫して自社で行っています。それは全てのことに自らが責任を持つという姿勢の表われであり、コスト削減の一環でもあります。計画当初は理想に満ちあふれていたマイホームの夢も予算という現実の中でほとんどの人は家造りにあまりにも多くのことをあきらめ、そして後悔しながら住宅ローンを払い続けます。それはコストのなかに建築本来の意味からすると全く関係のない余計なものが沢山含まれているからに他なりません。

モデルハウス、過剰な宣伝広告費、その他営業マンなどの経費など。無駄な営業経費や設計と施工を分離することは建築コストを押し上げる最大の要因となっています。そしてこのことが人々から「家造りの夢」を奪う結果となっています。私たちはこれらの無意味な経費を一切かけずに高品質で低価格の住空間を提案しているのです。

MDworksの造る家を見て私たちが一握りのお金持ちだけを満足させるために存在していると思われたならそれは明らかに間違いです。普通の人が普通の予算でどれだけの家を実現できるのか?それを追求していくのが私たちの使命なのです。 建築技術、製品の品質向上などにより一昔前より格段に住宅の性能は高くなってきました。しかし、いくら性能を追求したところでそれだけで住宅に対する人間の欲求は満たされるのだろうか?という疑問にぶつかります。やはり老子が残した言葉にあるように建築の本質は屋根や壁にあるのではなくそれらに囲まれた空間にこそあるのです。

私たちはプロダクトデザインを紡ぎながら空間をデザインしていくことに多くの時間を費やします。それは住宅が快適で確かな構造に支えられたシェルターの役割を果たし、そして内部空間においては私たちの造り出すデザインが優しく家族を包み込み人間が様々なことから解放され本来の姿に帰ることができるような建築を理想としているからに他なりません。

しかし、私たちは住宅を「作品」とは考えていません。住宅建築の裏側にはきわめて現実的な問題が多く隠れていて私たちはむしろ客様のためにそこで一生懸命汗をかき、様々な問題に立ち向かいながら夢を実現させていくのです。全てはお客様の満足のため。なんと言っても私たちにとって経費のかからない最強の営業マンはお客様なのですから。